齋藤紘一郎の脳卒中年表

出来事 コメント
1993 11 17 脳幹部橋出血で緊急入院(松本市一之瀬病院 50歳)
12 5 病室で意識戻る
12 17 松本(長野県)から大阪へ転院
1994 1 4 リハビリ開始 障害者1級認定
6 12 リハビリ終了退院 7ヶ月ぶりに帰宅
1995 5 阪大病院に検査入院20日間
月1回の通院リハと検査決まる 通院リハ=言語療法と作業療法
1996 3 香織結婚(双子の姉) 3年で治そうと思っていた
14の後遺症すべて居座る
1997 《会話なくなり、無口・無表情になる》
1998 4 長女あいか誕生(孫娘)
6 転居(待兼山から上新田)
1999 2 言葉のスケッチ集「あいかに挑戦」 ノート書き始まる(じいちゃんノートⅠがスタート)
※ノート書きは1ページ1テーマを原則とする
7 リハビリ工夫して再スタートする
2000 4 介護保険制度始まる
(ヘルパーさん依頼)
要介護5認定
2001 4 急性肺炎で2週間入院 初めてノート書きをヘルパーさんに依頼
9 本読みが本格化する
2002 1 相棒 山本哲二、53歳病死 ノート書き本格化する
3 二女みゆう誕生(孫娘) 「僕の脳卒中」「友人知人との別れ」まとめる
2003 6 還暦で60歳になる じいちゃん雑記帳に表データ、図解など
何でも書いてもらった
12 記念出版打ち合せ
2004 4 エルピス社と出版準備開始 何でも飲食可能
(アルコール炭酸飲料ダメ)
呼吸嚥下血圧などの
改善が大幅に進み
体力、持久力も
ついてきた
10 「いのちのふしぎ」出版
2005 前半 本のお礼の手紙を整理分類する 長い会話可能になる
後半 感想文を小冊子にまとめる 頭顔から感覚少し戻る
2006 3 母(86歳)病死 佐織結婚(双子妹) 通院リハ中止 医療改革と介護保険
制度の見直しで
介護業界は人材難
経済難におちいる
8 三女ちひろ誕生(孫娘) 訪問リハ開始
2007 6 長女まゆ誕生(孫娘) 記憶力、集中力が充実する
9 ホームページ作成計画スタート
2008 1 1 ホームページオープン

HOMEへ戻る